ロゴ

自動車部の活動


とりあえず自動車部ってどんな集団なの?

「自動車部」。大学の部活動において、おそらく最も特殊な種類に入る部活動のひとつ。自動車部の存在を知らない、という人も少なからずいるはずです。

私たち「名古屋大学体育会自動車部」では、主にラリー・ダートトライアル・ジムカーナといった
自動車競技に取り組むことを中心に活動しています。
これらは、国内B級ライセンスで参加できる手軽なモータースポーツで、大学自動車部はもちろん、
サンデーモータースポーツとして各地で一般向けの競技会が開催されています。
モータースポーツ=レース というイメージを持っている人はイメージの違いを抱くかもしれませんが、
より速く、より正確に、持てる全てのテクニックを使って車を意のままに操る楽しさはどんなモータースポーツでも同じ。

あなたもきっと「これだ!」と思うモータースポーツが見つかります。

…とまぁ、小難しいことを書いていますが、
ここ自動車部は名古屋大学でもっともコアなクルマ好きが集まるところに間違いはありません。
ドライビングを極めたい、クルマに詳しくなりたい、クルマが好きだ! という方、


来てみてきっと後悔することはないですよ?


林道は俺達が制す!ドラとナビとのチームプレイが命の競技~ラリー~


日本でも2004年より北海道でWRC(世界ラリー選手権)が開催され、大きな盛り上がりを見せています。
私たち名古屋大学自動車部において、活動の中心の一つであるのがこのラリーです。ラリーの大きな特徴は
一般公道を使用し、ドライバーとナビゲータが二人一組で参加する
というところにあります。
競技の内容もただ闇雲に速く走ればよい訳ではなく、コマ図と呼ばれる地図と指示書を頼りに、
決められた区間をいかに正確な時間で走ることができるかを競うものです。
ドライバーの腕、ナビゲータの頭脳、どちらが欠けても上位に食い込むことはできない、奥の深~い競技がこのラリー。
ドライバーとして全力を尽くすのもよし、ナビゲータとしてドライバーの手綱を握るのもよし、サービス隊としてサポートしながら騒ぐもよし、
いろんな楽しみ方が出来るのもラリーの魅力です。

OBの中には
全日本ラリーやWRCの経験者、パリ・ダカールラリーのクラス優勝経験者
も輩出しており、ラリーの世界に飛び込んでみたい、という人にはうってつけの環境となっています。


とりあえず基本はドリフト!土の上でワイルドにクルマを振り回す!~ダートラ~

ダートトライアル(以下ダートラ)は、未舗装のコースで行うタイムトライアル競技です。
決められたコースをいかに速く走り抜けられるかを競います。



土の上を走る為、単純にステアリングを回すだけではクルマは曲がってくれません。
ブレーキ、アクセル、ステアリング、全てを駆使してクルマを操り、タイムを削ります。クルマをスライドさせて曲がる、ドリフトを多用するのも特徴

その感覚と迫力はもう病みつきになるほど。ドライバーの腕がモノをいう、実力勝負の熱い競技。


左手はサイドブレーキ。渾身のドライビングでタイムを削り取る!~ジムカーナ~

パイロンコースやカートコースなど、テクニカルな舗装コースでのタイムアタックがジムカーナです。
コース上に180°や360°のターンが設定されることもしばしば。
ここを早く走り抜ける為にはサイドブレーキを使った小回り(サイドターン)を多用することになり、ジムカーナの特徴ともなっています。


タイムを詰めるには、精密で、時に大胆なドライビングがもとめられる、ドライビングテクニックが凝縮したような競技です。 誰でも気軽に限界ギリギリのドライビングと強烈な横Gが味わえるので人気が高く、
各地で頻繁に競技会・練習会が開催されています。

他にもたくさん、自動車部で出来ること

ミニサーキットへ皆で走りに行ったり、部内向けの練習会を格安で企画することもあります。
毎年夏の7大戦では皆で遠くまで遠征し、他大学の自動車部と共にお祭り騒ぎとなります。
また、部の設備にも恵まれています。
最大6台が同時に作業出来るピット、(通常は溝付きピットを含めて3台)ではミッション交換・エンジン交換などの重作業も可能で、
部車はもちろん個人の車のメンテナンス作業をすることが出来ます。

How to Join?

自動車部に興味を持ってくれた方、是非部室を見に来て下さい。
毎週金曜日19時より、ここの部室でミーティングを行っています。
名古屋大学のいちばん端っこですが、近くに来ると雰囲気の違う車たちがいっぱい停まっているのですぐわかるはず(?)です。
週末や平日の夕方なども、部員達が作業していることがよくあります。
まだ免許も車も持ってないんだけど…とか、下宿だから駐車場が高くて…という方でも、とりあえず心配せずに見に来てくみてださい。
自動車部的なコネで格安で車が手に入ることもあったりなかったり。

百聞は一見に如かず。気になったら部室までゴー。 常時、このサイトの掲示板で質問なども受け付けています。

ページのトップへ戻る